観光周遊バスを上手に使う

観光周遊バスを上手に使う

観光周遊バスを上手に使う 金沢へは北陸新幹線などを使って東京都心からも一直線に行けるようになったのでたいへん便利ですが、かつての城下町だけに市内といってもそのエリアは広く、到着後の観光スポット巡りを徒歩だけで行うのには限界があります。そこで知っておきたいのが金沢市内を周遊できる観光バスの存在です。
駅の東口を降り立つとすぐにターミナルが見えますので、ここから右回り、東回りの各ルートいずれかの路線に乗車すれば、ひがし茶屋街や兼六園などの名所旧跡との間を効率的に移動することができるようになっています。通常は乗るたびに所定の運賃がかかりますが、1日の範囲内で何度でも乗降可能なフリー乗車券も用意されています。ほかにも兼六園や21世紀美術館方面まで直行することができるシャトルバスなどもありますので、旅行の目的にあわせて選択することで使いこなすのがよいでしょう。市内各地を網羅したパンフレットをあわせて手元に置いておくと便利です。

金沢への観光ツアーの所要時間

金沢への観光ツアーの所要時間 城下町金沢は一度は行ってみたい全国区で有名な観光スポットのひとつといえます。
旅行代理店の店頭のチラシやポスターなどでも、さまざまなパッケージツアーが盛んに宣伝されていますので、その気になれば機会はいくらでもあるはずです。しかし日頃から仕事で忙しい人は休暇もなかなかとれないことから、どの程度の余裕があればツアーに参加できるのかが関心事となってきます。たとえば東京都心からの出発であれば、現地までの移動に新幹線で3時間、高速バスで8時間ほどかかります。場合によっては夜行バスなどを活用して現地宿泊を不要にするのもひとつの方法です。現地では金沢城、兼六園、ひがし茶屋街、武家屋敷などの観光スポットをひととおり巡る定番コースであれば半日というのが目安になります。周遊バスの1日乗車券を購入して乗り放題の状態にしておくのもよいでしょう。中心市街地の兼六園周辺だけといったポイントを絞れば180分程度に短縮は可能です。

新着情報

◎2024/5/1

情報を追加しました。


>金沢観光で味わうべき魚介類の魅力とは?地元のご当地グルメ情報
>金沢を訪れる学生に贈る卒業旅行の観光スポットとお役立ち情報
>金沢観光とグルメの魅力を解説する、旅のプランニングに役立つ情報源
>金沢観光の魅力を季節ごとに解説するためのお役立ち情報ガイド
>観光のお役立ち情報:金沢を楽しむためのテクニックの習得

◎2023/7/3

情報を追加しました。


>金沢観光のモデルコースは魅力あふれる城下町探訪で
>おさえておきたい金沢の人気観光スポットとは
>金沢の観光では街並みの魅力を味わいましょう
>金沢を観光するときは着物を着て歩いてみよう
>金沢での観光には様々な工芸体験があります

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>金沢観光の帰りに買って帰りたいお土産と特徴
>観光都市金沢は若手芸術家の育成にも力を入れている
>観光旅行で金沢を訪れたらガイドボランティアとコンタクトを取ろう
>観光地として名高い金沢で食べておきたい絶品グルメ
>金沢を観光する際は口コミを参考にして楽しもう

◎2019/4/1

サイトでホテルを予約
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

観光周遊バスを上手に使う
の情報を更新しました。

◎2018/7/26

観光はドライブがおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/7/20

金沢は学生におすすめの観光地
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「金沢 観光」
に関連するツイート
Twitter

【定番観光スポット「じゃない」ディープな金沢!】

明日金沢出張だー 25日までいる 休みは日曜日しかないけど日曜日に観光するゾ

ツアーは9月から11月にかけて実施し今月24日から販売されるということです。 ”復旧”と”観光”の両立目指し 「今行ける能登」をめぐる復興応援ツアー実施へ(テレビ金沢)

珠洲の道の駅も営業していましたが 客数は少なかったので 良いと思います(゚∀゚) ツアー客は金沢市内のホテルに宿泊しながら、珠洲市の観光名所や穴水町の能登ワイン、それに志賀町の能登金剛遊覧船など、観光客の受け入れが可能な能登地方の施設を1泊2日で巡ります。

”復旧”と”観光”の両立目指し 「今行ける能登」をめぐる復興応援ツアー実施へ(テレビ金沢)