最新の金沢情報まとめ

金沢と富山の観光のポイントとお役立ち情報

金沢と富山の観光のポイントとお役立ち情報 金沢と富山は、荒々しい日本海と山に囲まれて独特の文化を育んできた地域です。
歴史的な名所や景勝地が多く海と山の幸に恵まれた観光地で、北陸新幹線の開通により首都圏からのアクセスも向上したため、訪れる観光客が増加しています。
金沢が城下町の雰囲気が今もなお色濃く残している理由は、第二次世界大戦の空襲の被害を受けなかったことが影響しており、そのため武家屋敷や茶屋街など、江戸時代の面影を残す街並みや公園などの観光に適した街となっています。
市街地は浅野川と犀川に挟まれた形で丘陵地や台地が混在していることから複雑で高低差があり、突然切り立った崖縁になったり渓谷に入り込んだりすることが特徴です。
一方の富山は戦災の影響を受けており、計画的な復興により現在に至ります。
3方を山に囲まれているため豊富なミネラル分が海に注ぎこまれることから、海産物に恵まれていることが特徴です。
氷見のぶりやホタルイカなどが有名ですが、中でも春から秋にかけて獲れるシロエビは、世界で富山湾でしか水揚げされない貴重な水産資源となっています。
世界遺産に登録された合掌造り集落やダム、山岳地帯ならではの温泉なども広く知られており、訪れる観光客が増加しています。

金沢へ旅行に行った際のおすすめ観光スポットとは

金沢へ旅行に行った際のおすすめ観光スポットとは 新幹線の開通により、金沢へ旅行に行かれる方も多くなりましたが、ここにはおすすめの観光スポットがたくさんあります。
その中で絶対に行って欲しい観光スポットがいくつかありますが、何と言っても外せないのが兼六園です。
ここは百万石前田家の庭園として造られた場所ですが、景色の良い土地として国の特別名勝に指定されています。
ここの特徴は季節ごとに雰囲気が変わる庭園を堪能出来ることで、桜の時期や紅葉の時期、そして雪化粧された庭園風景などは特におすすめです。
次におすすめな場所と言えばひがし茶屋街です。
こちらは国の重要伝統的建造物群保存地区となっており、ここを歩いているとまるで江戸時代にいるかのような雰囲気にさえ感じます。
茶屋街と言うだけあり様々なお店が立ち並んでいますが、スイーツ店やおでん屋などはどこも美味しくて評判です。
最後になりますが、近江町市場がおすすめです。
ここへは観光客はもちろん地元客もたくさん来られており、毎日多くの方で賑わっています。
ここでは生鮮食品が充実していますが、コロッケなど食べ歩きには最適なフードも充実しています。
少しお腹がすいたらこちらで食べ歩きをしても良いですし、新鮮な食材は宅配もしてもらえるのでおすすめです。

金沢観光の帰りに買って帰りたいお土産と特徴

北陸地方を代表する一大観光土地といえば、多くの方が金沢をイメージなさるでしょう。
江戸時代から続く前田家が治めてきた領地で、現在でもこの前田家の子孫の方が存在をしています。
加賀百万石という非常に大きな領地で、豪華絢爛な暮らしを実現できた一帯です。
そのため、古くから観光地としての魅力を持ち合わせており、現在でも国内外からたくさんの方が足を運んでいるほどです。
そこでここでは、これから金沢に観光旅行をしようとお考えの方に向けた、役立つ情報をご紹介します。
訪れた際に買って帰りたいお土産であり、その特徴も述べていきます。
まずこの地域は小京都とも称されるのがポイントで、和菓子の文化も持ち合わせているのがポイントです。
京都とは異なり、和三盆というサトウキビを活用したお菓子で、丁稚ようかんと落雁がおすすめです。
日本海側で水揚げをされている白エビを使ったお煎餅もあり、これらは駅構内の土産物店で気軽に手に入ります。

観光都市金沢は若手芸術家の育成にも力を入れている

1600年に北陸地方で誕生した加賀藩は、百万石を有する天領地でした。
長らく前田家が藩主を務め、現在でも前田家の子孫は存在をしています。
京の都と江戸からの文化が伝わり、独自の生活スタイルを生み出した土地でもあります。
小京都とも称されていますが、現在では若手芸術家を育成する市の新しい事業も誕生をしました。
ここでは観光都市金沢で実施をされている、芸術プロジェクトを簡単にご紹介をしていきましょう。
まずその拠点となっているのが、21世紀美術館です。金沢城公園の外堀にあり、2005年に誕生をしました。
市立となっていいるのがポイントで、観光スポットとしても非常に高い人気を誇っています。
ここでは市内で活動をなさっているアーティストの作品のみを展示しており、体験型展示というコンセプトを持っているのがポイントです。
代表的なものが3Dプールで、まるで水中を散歩しているような形で見て回ることができる展示物になっています。

観光旅行で金沢を訪れたらガイドボランティアとコンタクトを取ろう

日本では全国各地で色んな観光スポットがありますが、そのなかでも古い城下町で長い歴史を有しているところが金沢市です。
加賀百万石という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。江戸時代に唯一、幕府から独立を許された地域です。前田家によっておさめられ、独自の文化を生み出した場所でもあります。
金沢は今、もっとも人気のある国内の観光地であり、毎年200万人以上もの方が足を運ばれているほどです。
北陸新幹線も開通をしたことから、これから家族で観光旅行に行こうという方も少なくありません。
その際はボランティアガイドとコンタクトを取って、市内を巡るのをおすすめします。
まず市内では有志によって、無料のガイドサービスを用意されているのがポイントです。おもにお城周辺から兼六園、さらには美術館など市内一帯で利用ができます。
さらに民話の読み聞かせを実施されているグループも存在するため、より深く歴史を知ることもできるのが魅力です。

観光地として名高い金沢で食べておきたい絶品グルメ

日本国内には有名な観光地がたくさんありますが、そのなかでも2000年以降から国内外の方に高い注目を集めている場所があります。
それは北陸地方の石川県金沢市で、江戸時代には前田家が治めた百万石の城下町です。
この金沢は日本海側に面している地域で、非常に魅力的なグルメを味わえることでも有名なところです。
そこでここでは、観光で訪れた際に食べておきたい、絶品グルメをご紹介しましょう。
まず近江市場というスポットでは、北陸寿司というものが味わえます。カニ・イクラのほか、ウニなどの高級海鮮を使用しており、甘酸っぱい特製のタレを付けて食べるものです。
肉料理では牛鍋というものがあり、明治時代に創業した老舗で食することができます。
使用されている肉はAランクの霜降りのみで、一度蒸してから鍋に投入をするのがポイントです。
観光地である香林坊にお店を構えており、散策時のランチで気軽に食べられる点も、魅力と言えるメニューです。

金沢を観光する際は口コミを参考にして楽しもう

日本でも新型コロナウイルスの影響を受けて外出自粛生活が長く続きましたが、これからは感染症対策と経済活動を両立させることになり、旅行などを楽しむことが可能になりました。
海外はまだハードルが高いかもしれませんが、国内旅行であればマスクやワクチン接種などを行っていれば問題ありません。
国内にも魅力的な観光地がありますが、石川県の金沢を訪れてみることをおすすめします。
芸術にかなり力を入れていますし、歴史やグルメなど楽しめることがたくさんあります。
北陸新幹線が開通したことも人気の要因です。
金沢を観光する場合は、口コミも参考にしてみてください。実際に訪れて観光をしてみないと分からないことがあるので、参考になる情報が多く得られます。
美味しい店を知ることができたり、注意するべきことも分かるため、口コミを参考にした方が安心して観光が楽しめるはずです。
使える情報は積極的に活用して、事前にしっかりリサーチしておくことは重要です。

金沢観光のモデルコースは魅力あふれる城下町探訪で

金沢観光は、加賀藩前田利家が造った歴史と伝統が溢れる街並みを楽しむことがメインになります。
観光モデルコースの出発は金沢駅から始まります。
この駅にはもてなしドーム、鼓門があり、テンションが上がる駅です。
まずは市民の食文化を支える近江町市場を訪れます。ここには約170店舗があり、日本海の海産物や加賀野菜を中心にしており、飲食店も充実しています。
ここでは海鮮丼などの味覚を楽しんでください。次は長町武家屋敷城跡を散策します。徒歩では15分程度の小径ですが、加賀藩の中級武士の屋敷が並び、往時の雰囲気を偲ぶことができます。
次は新しい建築物です。現代アートの美術館である21世紀美術館です。ここでは現代建築を楽しむことができます。
メインは何といっても加賀藩前田家の居城跡であり、日本三名園のひとつである兼六園です。
冬の雪吊りをはじめとして四季折々の景観美を楽しめます。庭園の玉泉院丸庭園の玉泉庵では抹茶とお菓子を楽しめます。
庭園は毎晩ライトアップされ夜の美しさも格別です。
ラストは三茶屋街のひとつであるひがし茶屋街です。
着物のレンタルもあるので工芸品のセレクトショップも多いこの茶屋街を着物で散策してはいかがでしょう。
このモデルコースではその魅力を余すところなく、効率的に観光をすることができるでしょう。

おさえておきたい金沢の人気観光スポットとは

加賀百万石と呼ばれた城下町である金沢は、今も当時の風情が残った街並みが観光客から人気です。
日本らしい街並みが見られると、海外からの外国人観光客も多く訪れています。
伝統文化が盛んで日本ならではの良さを実感することが出来るので、観光スポットを旅行のプランの参考にしてはいかがですか。
まずはなんと言っても日本屈指の名庭園として国内だけではなく、海外でも有名な兼六園がおすすめです。
日本三名園の一つでもある兼六園は桜や紅葉などの他に冬の雪吊りが有名で、一年中美しい景色を楽しむことが出来ます。
他には風情ある街並みの中でスイーツを堪能することが出来る、ひがし茶屋街もおすすめです。
三大茶屋街としても知られていて、金箔ソフトクリームは名物で多くの人が訪れています。
芸術に触れたいという人は、金沢21世紀美術館へ行かれてみてはいかがでしょうか。
アンディ・ウォーホルや草間彌生や横尾忠則らの現代美術作品を数多く所蔵していて、多くの観光客が訪れています。

金沢の観光では街並みの魅力を味わいましょう

金沢は今から約400年前、加賀藩前田利家の城下町として栄えた歴史と伝統ある街です。
加賀友禅、九谷焼、金箔工芸能楽など多くの伝統工芸や芸能の街でもあります。
そして、観光では街歩きに最適な街でもあります。
この街は第二次世界大戦の被害にあうことがなかったため、昔の姿をそのまま今に残しています。
代表的なものとしては、ひがし茶屋があります。ここは京都の祇園と並ぶ茶屋街です。
3か所の茶屋街がありますが、ひがし茶屋街が最も大きなものです。
キムスコという出格子窓のある優美なもので、今でも時折三味線や太鼓の音が聞こえることがあり、まるで昔がよみがえるような風情が漂います。また、長町武家屋敷城跡もお勧めです。
長町界隈はもともと加賀藩の中流武士たちのお屋敷があった場所です。土の壁や石畳の小径が残り、歩けば15分程度ではありますが、往時の武家屋敷を偲ぶことができます。
さらに、寺町寺院群もお勧めです。このように加賀藩の街づくりが今も残る金沢での観光は、その街並みの魅力を楽しむことをお勧めします。

金沢を観光するときは着物を着て歩いてみよう

金沢は小京都と称されるくらい、日本らしさが色濃く残っているエリアで、観光地として外国人だけでなく日本人にも愛されています。
昔ながらの日本を味わうことができるので、観光をするときには着物を着て昔にタイムスリップしたような気分になることをおすすめします。
着物をレンタルすることができるお店があるため、そこを利用すれば簡単に自分に似合ったものを選ぶことができます。
色や柄の種類も豊富ですし、外国人観光客も利用できるようにサイズバリエーションも揃っていますから、ぴったりのものが選べるでしょう。
いつもとは違った服装で金沢の町を歩けば、想像とは違っている景色が広がっているかもしれません。
写真撮影をしても、綺麗な見栄えもようものが映っていますから、SNSにアップすると多くの関心が寄せられることは間違いないでしょう。
観光をさらに楽しむ方法を加えることで、思い出深い日になりますし、撮影した写真も大切にすることができます。

金沢での観光には様々な工芸体験があります

金沢の観光と言えば、兼六園や茶屋町、グルメなどが有名ですが、その他にも多くの魅力があります。
それはこの地ならではの工芸体験です。近年様々なアイテムがある体験型アクティビティが人気を博しています。
ここは2009年にはユネスコのクラフト創造都市にも選ばれた伝統工芸の街です。
代表的なものでは加賀友禅の体験です。加賀友禅は繊細で鮮やかな色彩で人気です。
体験ではハンカチなど小物での型染体験を通して、その歴史や伝統を学ぶことができます。
また、金箔張りも人気です。ここは日本の90%を占める金箔の街でもあります。
短時間で小物入れやお箸、トートバッグ、手鏡、アクセサリー、はがきなどへの金箔付の体験ができます。
持ち帰りにも便利です。また、九谷焼の体験もあります。
鮮やかな色合いで有名な九谷焼ですが、自分の好みの絵付をし、その作品は職人が後日、窯で焼いたのちに郵送してくれます。
最後に水引の作成体験も人気です。熨斗や結納で有名な水引を、ネックレスやピアスなどのアクセサリー等として作りますので、特に若い女性に人気です。
このように金沢の観光では、歴史と伝統を感じることができる工芸体験がたくさんありとても人気があります。

金沢観光で味わうべき魚介類の魅力とは?地元のご当地グルメ情報

日本の歴史と文化の彩り深い町、金沢は多くの観光客に愛される場所です。
寺社や伝統工芸、そして風情ある街並みといった観光スポットが有名ですが、その魅力はこれだけではありません。
金沢を旅するなら絶対に見逃せないのが、新鮮な魚介類を堪能できるグルメの世界です。
能登半島に近いことから、金沢には日本海が育んだ豊富な海の幸が集まってきます。
市場に行けば、その日に水揚げされた鮮魚がずらりと並び、訪れる人々を魅了します。
寿司や刺身はもちろん、加賀料理など伝統的な食文化の中で調理された魚介は格別の味わいを持っています。
観光で訪れた際には、地元の人々がおすすめする食事処を訪れるのも良いでしょう。
彼らが日常的に通う店では、リーズナブルな価格で本当の金沢の味に触れることができます。
観光ガイドブックにはない、地元の人だけが知る隠れた名店も多々あります。
また、金沢と言えば加賀野菜も有名です。
鮮やかな色合いの野菜たちは、魚介類と組み合わせることで料理の味と見た目の両方を引き立ててくれます。
季節ごとに旬の素材が変わるため、訪れる度に新しい味わいに出会えるのも旅の楽しみです。
金沢観光を計画しているなら、食文化も存分に楽しむことをおすすめします。
歴史を感じる街並みを散策し、心和む休憩時には新鮮な魚介類で舌鼓を打ちましょう。
地域独自の魅力が詰まった旅をぜひともお楽しみください。

金沢を訪れる学生に贈る卒業旅行の観光スポットとお役立ち情報

学生生活の区切りとして選ぶ卒業旅行は、新しいスタートに寄り添う大切な時間です。
記憶に残る場所を訪れ、仲間たちとの絆を深める経験はかけがえのないものです。
金沢はそのような卒業旅行にぴったりの街です。
ここでは、金沢観光に役立つ情報をお伝えします。
まず、金沢は歴史を感じさせる場所が満載です。
兼六園をはじめ、金沢城、ひがし茶屋街など、格式ある日本庭園や伝統的建造物を巡ることができます。
次に、金沢では新鮮な海の幸が味わえることも魅力の一つです。
近江町市場で地元食材を楽しみながら、旅の気分を盛り上げることができます。
また、手軽に金沢の工芸品に触れたいなら、金箔工芸や九谷焼の工房を訪れてみるのがおすすめです。
思い出に残る観光とともに、金沢の文化にふれることで、学びの旅にもなりましょう。
宿は早めに予約し、計画的に動くことが大切です。
卒業旅行で訪れる観光地選びには慎重になるべきですが、金沢なら文化、食、歴史のすべてを満喫することができるので、間違いなく選択肢として考慮に値する都市です。
仲間と共に素敵な思い出を作り、未来への一歩を踏み出す旅にしましょう。

金沢観光とグルメの魅力を解説する、旅のプランニングに役立つ情報源

日本有数の歴史都市として知られる金沢は、見所溢れる観光地であり、国内外から多くの旅行者が訪れます。
金沢観光の醍醐味の一つは、古き良き日本の景観が色濃く残る街並みです。
特に兼六園や金沢城、ひがし茶屋街などの風情あるスポットは訪れる価値が高く、四季折々の美しさを楽しめます。
それに加えて、地元産の食材を生かしたグルメも金沢観光の大きな魅力です。
寿司や和菓子、金沢カレーなど、地域の特色を活かした料理が堪能できるでしょう。
また、金沢は工芸品も有名で、加賀友禅や金箔工芸品など伝統的な技術が息づいており、旅の記念にふさわしいアイテムを見つけることができます。
旅行プランの作成に際しては、金沢の観光スポットを巡る順路や食事のタイミング、お土産選びの時間も考慮に入れると良いでしょう。
情報収集の防波堤として、事前にガイドブックやインターネットで調べておくことをおすすめします。
滞在中の交通手段や宿泊施設の選定も重要なポイントですから、計画的にアプローチすることで充実した観光旅行が実現します。
金沢の魅力を余すことなく体験するには、適切な計画と情報収集が不可欠です。
この記事が、より深く金沢を楽しむための参考になれば幸いです。

金沢観光の魅力を季節ごとに解説するためのお役立ち情報ガイド

金沢観光は各季節によって異なる表情を見せる魅力的な体験ができるところです。
春はほのかに甘い香りを漂わせる桜が市内の至る所で見られ、淡いピンクの花びらが街を彩ります。
夏は緑豊かな自然と共に古き良き日本の文化を感じることができ、涼を求める観光客で賑わいます。
秋の金沢は、金沢城や兼六園をはじめとする名所で色鮮やかな紅葉が楽しめ、格別な観光体験を提供します。
冬には雪化粧した町並みが幻想的な雰囲気を醸し出し、冬ならではの風情を満喫できます。
四季折々の風情を楽しむことができる金沢は、季節を意識して訪れたい観光地です。
訪れる時期にあわせて、季節にしか味わえない文化行事や自然景観を楽しむプランを立てることがおすすめです。
旅の準備では気候に合わせた服装や、季節のイベントを調べておくことで、より充実した観光が可能となります。
金沢を訪れる際には、季節の特色を取り入れた旅の計画を楽しんでいただきたいと思います。

観光のお役立ち情報:金沢を楽しむためのテクニックの習得

観光は旅の魅力を存分に味わうために重要な要素です。
特に金沢のような歴史ある観光地では、その土地特有の文化や風情を感じることができます。
金沢を訪れる旅行者にとって、事前の情報収集は欠かせません。
加賀百万石の文化を有する金沢は、兼六園、金沢城、ひがし茶屋街などの見どころが多く、計画的な観光スケジュールが重要です。
おいしいグルメを味わうためには、金沢の新鮮な魚介類や伝統的な加賀料理を提供する店舗の予約も忘れてはなりません。
また、金沢の街を一望できる景色を楽しむためには、現代美術館の展望台や、市内を巡る周遊バスでの移動もおすすめです。
テクニックとしては、事前に金沢の観光パンフレットやオンライン情報で現地の祭りやイベントをチェックし、訪れるタイミングを調整することが挙げられます。
これにより限られた時間で最高の旅の思い出を作ることができます。
さらに、金沢は伝統工芸品も有名ですから、金箔工芸館や金箔の体験も楽しめるので忘れずにプランに組み込んでおきましょう。
最後に、観光で疲れた体を癒やす宿選びも重要です。
金沢ならではのおもてなしを感じられる宿泊施設を選ぶことで、旅の疲れも忘れさることでしょう。
以上、観光を十分に楽しむための金沢旅行に役立つ情報をお伝えしました。
観光を計画する際はこれらのテクニックを活かし、金沢の魅力を存分に味わってください。

金沢に関するお役立ちリンク

工芸 金箔

新着情報

◎2024/5/1

情報を追加しました。


>金沢観光で味わうべき魚介類の魅力とは?地元のご当地グルメ情報
>金沢を訪れる学生に贈る卒業旅行の観光スポットとお役立ち情報
>金沢観光とグルメの魅力を解説する、旅のプランニングに役立つ情報源
>金沢観光の魅力を季節ごとに解説するためのお役立ち情報ガイド
>観光のお役立ち情報:金沢を楽しむためのテクニックの習得

◎2023/7/3

情報を追加しました。


>金沢観光のモデルコースは魅力あふれる城下町探訪で
>おさえておきたい金沢の人気観光スポットとは
>金沢の観光では街並みの魅力を味わいましょう
>金沢を観光するときは着物を着て歩いてみよう
>金沢での観光には様々な工芸体験があります

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>金沢観光の帰りに買って帰りたいお土産と特徴
>観光都市金沢は若手芸術家の育成にも力を入れている
>観光旅行で金沢を訪れたらガイドボランティアとコンタクトを取ろう
>観光地として名高い金沢で食べておきたい絶品グルメ
>金沢を観光する際は口コミを参考にして楽しもう

◎2019/4/1

サイトでホテルを予約
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

観光周遊バスを上手に使う
の情報を更新しました。

◎2018/7/26

観光はドライブがおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/7/20

金沢は学生におすすめの観光地
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「金沢 富山」
に関連するツイート
Twitter

JR西日本的には金沢はスルーされる街な認識だったのか・・さすがに世間知らずすぎん? 今まで富山行きだったのを仕方なく金沢で切ったから殆どの客は富山行く人やろ、な考えだったのかな

手っ取り早いのは便数減少してでも金沢富山までの近畿、東海との特急を復活させる事な気がするけどな

富山-新大阪 約100分 金沢-新大阪 約80分 福井-新大阪 約55分 おそらくこれぐらいの時間になるのでは

金沢駅19:19発富山行に旧塗装の521系運用に就いてるぞ

返信先:95年4月のダイヤ改正から雷鳥運用が始まりました。定期で雷鳥とスーパー雷鳥の両方に入っていましたが、99年のダイヤ改正で定期雷鳥運用がなくなり、廃止間際の2000年ダイヤ改正では新大阪/京都/福井/金沢/高岡/富山の最速達が復活しました✌️